お風呂に入ることの意味

日頃、疲れを取るためにすることの一つが、

お風呂に入ること。湯船に浸かることです。

 

当院の患者さまからも、

「最近シャワーばかりで疲れが取れてません」とか、

「今週は、ゆっくりとお風呂に入れました」と、

お話されることも度々あります。

 

一般的にはお風呂(湯船)に入ることが、

疲労回復になるという認識はあると思いますが、

ここではそれはどうしてか、理由をまとめたいと思います。

 

まずは、リラックス効果ですね。

温かいお湯に浸かると気持ちがいいものです。

精神的に安らぎます。

 

次に、マッサージ効果です。

水圧が体全体をマッサージしてくれる

イメージです。血流を促してくれます。

 

そして、温める効果です。

シャワーよりも、じっくりと体を

温めることができます。

 

ストレッチの本にも書いてありますが、

お風呂で体を温めると、筋肉を覆う筋膜が緩むので、

体の緊張が取れたり筋肉の固さが取れるようです。

 

これが、温泉だと効果が増大します。

温泉で体を治療する「湯治」もあります。

日本の習慣は、とてもいい習慣です。

 

手軽にシャワーで済ませてしまうよりも、

体のことを考えてお風呂にはいるというのは

とても大切なことです。

 

いい湯だな、お風呂効果

 

++++++++++++++++++++++++++++++

名古屋市北区のマッサージ師も通う『しみずの森 整体院』

名古屋市北区清水1−1−14 / 木曜午後・日曜・祝日休み

TEL:052−951−7774 / 予約受付 9:00〜21:00

「ホームページを見て・・・」とご連絡ください。

++++++++++++++++++++++++++++++

コメントを残す

このページの先頭へ