恵方巻きって?方角って?名古屋編。

今日は節分です。

皆さんは、豆まきしたり、お寿司の丸かぶりしたり、しますか?

豆まきはするけど、お寿司の丸かぶりは最近ですよね?

 

ネット等々の情報をまとめますと、

江戸時代終わりくらい明治時代始めから大阪で発祥した、

商売繁盛、無病息災、家庭円満を願った風習らしいです。

 

それから大阪中心に、ある方角(恵方)に向かって無言で

一本の巻き寿司を丸かぶりしたらその年は幸運に恵まれると

言い伝えられてたそうです。

 

うなぎが売れるように「土用の丑の日」、

お菓子屋さんが「バレンタインデー」を作った、

と同様に、お寿司屋さんが宣伝に利用しました。

 

恵方は基本4方向しかなくて、暦の表示に使われる十干(じっかん)との

組み合わせで毎年変わるということです。

 

名古屋では約400年前に名古屋城の鎮護として

尾張四観音が定められました。恵方の4方向にあたる

「笠寺観音」「甚目寺観音」「荒子観音」「龍泉寺観音」です。

その年の、恵方にある観音様に向かって丸かぶりをします。

(今年の恵方は、「北北西」です)

 

自分も周りの人も、仕事も、勉強も、うまくいきますように。幸せになりますように。

恵方巻きとは

*写真は、期間限定のお菓子です。

あと、最近は、恵方巻きの種類バラエティ多いな〜と感じます。

 

++++++++++++++++++++++++++++++

名古屋市北区のマッサージ師も通う『しみずの森 整体院』

名古屋市北区清水1−1−14 / 木曜午後・日曜・祝日休み

TEL:052−951−7774 / 予約受付 9:00〜21:00

「ホームページを見て・・・」とご連絡ください。

++++++++++++++++++++++++++++++

コメントを残す

このページの先頭へ